HOME > クレジットカード用語集

クレジットカード

銀行・商店などと提携したカード会社が会員に発行するカード。
現金を支払わずに、カードを提示するだけで買い物などができる。

クレジットとは、「信用」のこと。

クレジット‐カード (livedoor辞書)より引用 一部改変

HOME > クレジットカード用語集

一括払い

クレジットカードの支払方法。

ことば通り、一度で支払ってしまうこと。
この場合、利息はつかないので、代金を通常翌月に銀行引き落としなどで支払うことになる。

マイレージを貯める場合、ポイントを貯める場合、原則的には一括払いで支払うようにすることがベター。

HOME > クレジットカード用語集

分割払い

支払いを分割で行うこと。
通常、購入時に分割の回数が決まり、購入金額÷分割回数 で数回に分けて支払うことになる。

分割回数により、金利(利息)がかかるので、注意。
2回払いの分割は、利息がかからないことが多い。
(各クレジットカード会社に確認ご確認下さい。)

HOME > クレジットカード用語集

リボルビング払い

分割払いの場合は、分割回数を決めるので、その期間に支払いをきちんとすれば、終わります。

リボルビング払いは、月々の支払いの限度額を決めるので、支払い時には回数を決めません。
つまり、どれだけ高額なものを購入しても、月々の支払いは自分で小額にすることができます。
もちろん、その支払いには利息がかかりますので、借り入れは雪だるま式に膨れます。

たいていのカード破産者はリボ払いに失敗して、ローン地獄に陥るといいますので、ご注意下さい。

ただ、カード会社からすれば、リボルビング払いは手数料が見込めるおいしいビジネスですので、ポイントなどを通常の支払い方法よりもお得にして、誘い込みます。

リボ払いでも、月々の支払い限度額を、そのカード自体の限度額に設定しておけば、リボ払いだが、実質1回払いという、ポイントやマイレージのみお得に貯める方法もあります。

マイレージ上級者には必須のカード利用方法です。

HOME > クレジットカード用語集

信用情報機関とは

 カード会員の購買データや消費者ローンの借り入れ、返済状況の情報を蓄積し、管理している機関です。「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」 「全国信用情報センター連合会」 「CCB」などがあります。各カード会社は申し込みを受けた際にこのような起案に問い合わせを行い、過去の支払実績や他のカードの利用状況などをチェックし、信用を供与できるかどうかを判断します。申込書を見ただけでは信用に値するか、貸付をして大丈夫かといったことを性格には判断できないからです。

 管理されている情報の中には、支払実績などのほかに、カードの限度額、氏名、住所、電話番号といった情報も含まれています。また、カード会社には、申し込みがあった際にこのような機関に問い合わせる義務も課せられているのです。

 この信用情報機関は銀行、信販、クレジット、消費者金融、外資などといった系列ごとに分かれており、いくつかの機関が存在している。

 情報にも種類があり、ホワイト情報とブラック情報がある。ホワイト情報とは、購買、残高、などの有料な情報を指し、ブラックのほうは、延滞などの事故情報のことを指す。よく耳にするブラックリストとはこの情報を一覧化したもので、延滞を繰り返し行う債務者の情報です。それぞれの機関はブラック情報に関してはやり取りをしていますが、ホワイトに関しては原則的に行っていません。

HOME > クレジットカード用語集

全銀協

 全国銀行協会が運営している機関です。会員は、一般会員(正会員の銀行)と、特別会員(正会員以外の銀行、協同組織金融機関、政府関係金融機関、信用保証協会)の二種類です。管理している情報はおよそ8000万件。

 創立は1988年10月で、会員数は1500社を超えます。照会方法は、オンラインシステムによるもの、磁気テープ持ち出しによるもの、文書によるものがあります。

 データの保存期間は、実行情報は契約期間中及び契約終了から5年間で、事故情報は発生から5年間、不渡り一回目は発生から6ヶ月、取引停止処分の場合は処分が行われた日から5年間となっています。照会記録は照会日から1年間、本人申告は5年間です。

HOME > クレジットカード用語集

CIC

 経済産業省所管の、社団法人日本クレジット産業協会と、社団法人全国信販協会が母体となっている信用情報機関です。各クレジットカード発行会社と、信用保証会社、自動車や機械のリース・ローン会社、そして小売店など、加えて大型の消費者金融会社が加盟しています。保有している情報はおよそ4億件。
規定により契約中の会員は月に一度情報を更新する義務があり、ここから得られる情報の信頼度は高いようです。

 さらに、このCICでは申込情報、照会情報、異動情報以外の、与信対象者に関する平時の信用情報については、他者が照会する際は該当する会社の名前が分からないようにもなっています。

 流通、信販、クレジットカード業のために設立されたので、銀行関係の金融機関は加盟できません。

HOME > クレジットカード用語集

全国信用情報センター連合会(全情連)

 消費者金融専業会社と、商工ローンの会社が出資して設立された全国に33箇所にある信用情報機関を統括しているものです。そのため情報が登録されているのはこの連合会ではなく、各地に存在している信用情報機関で、この機関をネットワークで結び、情報を共有する形で成り立っています。

 他の信用情報機関との大きな違いは、それぞれの利用状況に関する情報が随時更新、反映されるということです。同日中に何件も融資の申請をしたり、自転車操業のような兆候があったりしないかといった情報がほぼリアルタイムで分かるため非常に精度の高い情報が得られます。

 また、全常連の端末は加盟している会社の店頭に設置されているため、加盟会社の人間が指摘に端末を使って情報を引き出したり出来ることから、情報の流出や、売却などのモラル面での問題がある。

HOME > クレジットカード用語集

CCB

 既存の信用情報機関に登録することの出来なかった外資系の消費者金融専業会社などが設立した信用情報機関。1983年に株式会社セントラル・コミュニケーション・ビューローとして稼働。それから後に、信販系、金融機関、消費者金融、リース・ローン会社が加盟、出資することにより、会員となって情報を利用できる機関です。

 2億件を超える情報を保有しており、系列の異なる企業からの情報も得ることができます。しかし、情報の更新に関しては会員会社の任意となっているため、他の信用情報機関と比較して詳細さの点では問題もあるといえます。

 現在加盟している会社は、信販系、銀行系、流通系、信用保証会社、消費者金融など33社になります。契約情報は契約期間中のみ保持され、完済情報は完済後5年間、異動情報は契約終了後5年間、照会情報は照会日から半年間となっています。

HOME > クレジットカード用語集

悪質加盟店

加盟店の中には、不当な飲食代金を請求したり、資金繰りのために名義貸しを顧客に持ちかけたりする。さらには偽の売上伝票を作成し、クレジット会社から代金を騙し取る者もいる。

HOME > クレジットカード用語集

オートローン

自動車の割賦販売システム。または、自動車購入を目的とした消費者ローンのこと。

HOME > クレジットカード用語集

オンラインショッピング

インターネットなどの通信ネットワークを利用して商品やサービスを購入すること。自宅にいながらショッピングが出来るため決済も自宅にいながらできるようにシステムが開発された。

HOME > クレジットカード用語集

会員規約

利用方法や支払い方法などをカード会社と利用者との間で交わされた契約のこと。

HOME > クレジットカード用語集

買い取り屋

カードで換金性の高い商品を次々と買いまわらせ、安い値段で下取りし、転売して多額の利益を得る悪質業者。

HOME > クレジットカード用語集

貸金業者

貸金業規正法では、「金銭の貸付、または金銭の賃借の媒介(手形の割引、売渡担保その他これに類する方法によってする金銭の交付または当該方法によってする金銭授受の媒介を含む)を業として行うものをいう」

HOME > クレジットカード用語集

割賦購入斡旋

割賦販売法で用いられる用語。小売商と消費者の間に介入し、割賦の取り扱いを代行すること。個品斡旋、総合斡旋、リボルビングがある。

HOME > クレジットカード用語集

割賦購入斡旋業者

割賦購入斡旋を業とする者。割賦カードを発行して「総合割賦斡旋」を行おうとする者は法により、割賦購入斡旋業者として登録しなければならない。

HOME > クレジットカード用語集

稼動会員

カードを利用している会員。リボルビングが普及している今では、支払残高がある会員を指すこともある。

HOME > クレジットカード用語集

CATシステム

CREDIT AUTHORIZATION TERMINALの略。カード会社とオンラインでつながれた加盟店に設置された端末機のことを指します。カードの利用可否を瞬時に判断でき決済をスムーズに行えます。

HOME > クレジットカード用語集

月賦販売

商品を月払いの分割返済で販売すること。

HOME > クレジットカード用語集

個人破産

個人が支払い不能状態になった際、裁判所に破産の申し立てをすると、裁判所は破産宣告を行う。このように裁判所が個人に対し、債権者、あるいは本人からの申し立てによって破産宣告をすることを個人破産という。

HOME > クレジットカード用語集

個品割賦

加盟店から商品を購入する際、個々の商品毎に割賦購入契約を行うこと。ショッピングクレジットともいわれる。

HOME > クレジットカード用語集

債権

特定の者(債権者)が他の特定の者に対し、一定の行為、つまり給付を請求することを内容とする権利。

HOME > クレジットカード用語集

集金代行業務

銀行系、信販系、リース系のカード会社は多数の金融機関と自動振り替え契約を結んでいる。このような契約を活用するために、外部の企業や団体を対象にした会費や各種料金の自動引き落としサービスで、これを集金代行業務という。

HOME > クレジットカード用語集

承認番号

クレジットカード加盟店では、一定額以上の商品を販売する際にはカード会社に対して承認(オーソリゼーション)を得なければならない。これを求めた際にカード会社から与えられるコードのことを言う。

HOME > クレジットカード用語集

信用供与

与信。消費者信用で言う信用供与は、クレジット会社または金融会社が申込者に対してクレジットの利用を認めること。具体的にはカードの発行、月賦販売、金銭の貸付、保証などを行う事を指している。

HOME > クレジットカード用語集

信用照会

消費者信用業では、与信する側が、申し込んだ人のクレジット利用歴、現在の利用状況について信用情報機関に問い合わせることを指す。加盟店がカード会社に対して承認を求めることとは別である。

HOME > クレジットカード用語集

信用情報

信用に関する情報。個人信用情報管理センターが収集、提供する情報は会員企業にクレジットの申し込みをした人に対する客観的な情報で、取引実績や、住所、電話番号などを含んでいる。

HOME > クレジットカード用語集

信用調査機関

個人や企業の信用状況を調査する組織。調査人が当該人の情報を積極的に取材、調査することによって情報を収集する。

HOME > クレジットカード用語集

信用保証

債務者に代わり、第三者がその履行を保証する事。債務者がもし債務不履行になった場合、保証したものが代わりに履行することになる。

HOME > クレジットカード用語集

スキミング

クレジットカードの情報を特殊な機器ですばやく読み取り、不正に使用する犯罪を指す。犯罪組織が悪質加盟店にスキミング装置を設置させ、決済時に情報を盗み、偽造カードを作って限度額いっぱいまで使う。

HOME > クレジットカード用語集

総合割賦

クレジットカードを利用した割賦購入契約のこと。個品割賦の場合はここの商品購入時点で契約書を交わす。これに対し総合割賦は品物を特定することなく包括的に割賦を行う。細かく分類すると、総合割賦購入斡旋と総合割賦販売とに分かれる。

HOME > クレジットカード用語集

ダブルカード

クレジット会社と小売店の提携カードの一種。正式な名称は「コ・ブランディカード」という。カード会社が小売店と提携でカードを発行する際、カードにカード会社のロゴを付けることにより、小売店の系列店舗だけでなく、カード会社側の加盟店でも使えるようになる。

HOME > クレジットカード用語集

T&Eカード

旅行、娯楽カード。航空会社、旅行、ホテル、レストラン、劇場などの分野に多く加盟店を持つ。代表的発行企業は、アメリカン・エキスプレス、ダイナース。